とんかつ・ラタトゥイユみそ汁

夫が低収入なのが分かっていて結婚したとは言え、16年以上経った今でも結婚した当時から全く給料が上がらないとは思いませんでした。せめて5万円くらい、いえ3万円でもいいから上がって欲しかったと思います。28歳の時と45歳の時の収入が同じって恥ずかしい事だと思います。

 

全く努力しなかった結果ですよね。向上心も何も無いのが丸わかりです。こんなどうしようも無い男と毎日顔を合わせなくてはならないのが情けないですね。

 

子供が「絶対に離婚しないで。パパとママが離婚したら生きて行けない。」と4歳の時に言い、8歳の今も定期的に言って来るので別れないだけです。それに子育てするのに人手は必要ですからね。あんなのでも居ないよりはマシです。

 

 

ちなみに私は結婚したのが31歳で今47歳ですが、31歳の時の時と比べると月収が約17万円以上がりました。以前の月収が低すぎたとは言え、自分の頑張りの結果だと思います。もちろん周りの方々の協力のお陰もあります。計算してみたら年収だと2百10万円上がったことになります。200万円以上の差があるなんて自分でも驚きました。

 

 

しかし夫は・・・・、日本は男性の方が給料が上がりやすいのに一体今まで何をしてきたんですかね。こんな奴を尊敬出来る訳がありません。

 

 

低収入なら子育てと家事を頑張ってもらうほかに道は無いのに、フラフラしょちゅう遊びに行ったり、旅行にも行ったりで私にばかり大変な事を押し付けてくるからハラが立つんです。

 

 

私は外資系企業の偉い人の秘書を4年したことがあるのですが、上司たちは年収2千万円~2千五百万でした。(秘書は機密事項が見れてしまうのですね笑)。

 

 

高収入過ぎて目が飛び出ますが、彼らは小さいころから優秀で一流大学を卒業し、新卒で会社に入って猛烈に仕事をしてきた人たちです。

 

 

学生時代はもちろん、社会人になってからの勉強量が莫大ですし、更に外資系企業なので英語の勉強が必須です。日々競争です。のんびりしているヒマはありません。仕事中も分単位でものすごい集中力で仕事をしています。常人とは色んな意味でかけ離れています。

 

 

また週の半分以上は仕事関係の飲み会や食事があります。月の半分は海外出張で日本に居ません。更に2,3年周期で世界各国に転勤になることも多々あります。こんな状況では奥さんが専業主婦じゃないと子供を育てられないですね。

 

 

高収入な男は家庭に費やしている時間はそんなに無いし、命を削って仕事をしている、ということですね。惰性でボケーッと日々を生きていないし、自分の仕事時間を最大限有効に使っている印象を持ちました。

 

 

こんなに忙しいんじゃストレスがたまるでしょうし、子育てや家事は奥さん任せになってしまうでしょう。でも奥さんは満足していると思いますよ。これだけ稼いできてくれるんですから。

 

 

逆に低収入な男はどうでしょうか?一般的には仕事も出来ないし、家の事も出来ないパターンが多いですよね。全てのことにやる気も無いし、覇気も無いし、生きる気力が感じられません(うちの夫)。稼げないなら奥さんの負担を少しでも減らしてくれればいいのに、逆に負担を増やすんですよね。こんな男は死んだ方がいいです。生きている価値無し!

 

 

さて今日のメニューは「とんかつ・ラタトゥイユみそ汁」でした。

 

 

とんかつは、すでに火が通してあって電子レンジで2分ほど温めるだけでした。しかし、電子レンジだと衣がサクサクになりませんでした。残念。子供はおいしい、と言っていましたが、私はイマイチに感じました。電子レンジではなくてフライヤーで温めればよかったと思いました。

 

 

ラタトゥイユみそ汁は、みそが無かったのでコンソメと塩で味付けしました。それでも十分においしかったです。大盛で2杯も食べてしまいました。玉ねぎたっぷりで食べ応えがありました。野菜の具が多いので「子供は嫌がるかな。」と思いましたが、「あらびきウインナーみたい。おいしい。」と言ってあっという間に完食しました。

 

 

今週は五日間、Lovyu(ラビュ)を注文して全体的に満足しました。これからも定期的にLovyu(ラビュ)を注文しようと決心しました。洋食が多くておしゃれなメニューが多いので満足度が高いんですよね。

 

 

最初の5日間はLovyu(ラビュ)も一食350円でお試し出来ます。詳しくはこちらから☟


 

得するアンチエイジング情報はこちら