蒸し鶏でかんたん鶏飯(けいはん)風・ 生揚げの明太ピザ

今日のメニューは「蒸し鶏でかんたん鶏飯(けいはん)風・ 生揚げの明太ピザ」でした。

 

 

まず、「蒸し鶏でかんたん鶏飯(けいはん)風」ですが、お茶漬けとして食べました。普通の丼よりもおいしく上品な味でした。器がオシャレだったら和風創作料理の高級店のメニューのようです。それに鶏肉がたっぷり乗っていて味も大満足でした。

 

 

上の具は湯せんで温めて乗せるだけでした。また鶏肉は手でほぐすだけだったのにも関わらず、つらく感じました。「あー早く鶏肉ほぐれてくれよ。まだあるんかい。はぁ。」と思いながらイヤイヤ作りました。月曜日のせいか調子が出ず、ちょっとした料理を作るだけでも疲れてしまいました。たまにこういう事があります。働く主婦は大変ですね。

 

 

今日の会社での仕事自体はそこまで大変ではなかったのですが、家に帰って来て子供が「教科書が無い!」と騒ぎだしたので一緒に探したりして疲れただけでなく、しまいには子供が「教科書が無いよ~。どうしよう。」泣いて、テーブルの角に足をぶつけて更に泣いたので私もイライラして「なんなのよ!」と怒鳴ってしまい、ものすごく疲れてしまいました。こういう地味なストレスが毎日あります。

 

 

最近はこういう出来事にも慣れて来て子供がぐずっても優しく話しかけて何とかおさめてきました。でもどうしてもイライラしてしまう時があります。それにしても子供が生まれる前と比べたら自分は相当我慢強くなったと思います。子育てをする中で忍耐強さが身について(あとあきらめも身について)別人のようになりました。世の中のお母さん達も同じだと思います。こうやって母は強くなっていくんですよね。

 

 

それに比べて夫は・・・。私がこんなに苦労して子供の宿題を見て、ご飯を作ってやっとのことで全てを終わらせても後から帰って来る夫には私の大変さは絶対に分からないでしょうね。何回も「私は大変なのよ!」と訴えても分からないでしょう。分かろうともしませんね。だから奴ら(世の中の旦那)には奥さんへの感謝が無いんです。奥さんと同じことをしたとしたら一日で音を上げるくせに。本当に使えない奴らだよ。

 

 

もう夫に関しては期待せずにあきらめて、一人で頑張っています。あきらめるまではつらかったですが、あきらめたら気持ちがラクになりました。バカ(夫)は死ななきゃ治らないんですよ。生きているうちは変わりません。

 

 

さて次にもう一品「生揚げの明太ピザ」ですが、子供に好評でした。明太子ソースとは言え、大して辛くなくて子供にもOKでした。でも私には味がうすく感じたので、しょう油をかけて食べました。しかし厚揚げにボリュームがあって食べ応えがあり、おなかがいっぱいになりました。ラビュクイックにしては量が多かったと思います。

 

最初の5日間はLovyu(ラビュ)も一食350円でお試し出来ます。詳しくはこちらから☟


 

得するアンチエイジング情報はこちら