夫と同じ墓に入りたいですか?

毎日仕事で疲れきって、家に帰ってきても子供の宿題を見てご飯を作る、と言う避けることのできないルーティンに疲れ果てていました。そしてこのサイトも更新を怠ってしまっていました。

 

 

ヨシケイの料理を写真にアップして感想を書くと言う行為をする労力がなく更新できませんでした。とは言え、ヨシケイを注文しているおかげで買い物する手間と献立を考える手間を省けて楽ちんなので、夕ご飯を作る事はなんとかできました。もはやヨシケイなしの生活は考えられません。


 

サイトは更新できていませんでしたが、夫に対する不満は常にあります。ですからしばらくはヨシケイの料理をアップせず、夫の文句を書いていきたいと思います。もともとこのサイトは夫への文句や結婚生活への不満を書いて、皆さんに共有したいと思って始めたのです。

 

 

私がたまに行く餃子屋さんには、60歳を過ぎたと思われるご夫婦が何組もやってきます。そこは美味しくて値段が手頃なので近所の人だけではなく観光客などいろんな人で賑わっています。

 

 

餃子は注文したらすぐに届くわけでもなく、焼くのに時間がかかるので5分から10分ぐらいしばらく待つことになります。

 

 

その間60代(定年)を過ぎたご夫婦は一言もしゃべらず待ち続け、食事中も食事が終わった後もお互い一言もしゃべらず黙々と餃子を食べてお金を払って去っていく、と言う人たちがあまりにも多くて驚きました。

 

 

その年代の方なので、お互いにスマホをいじって時間を潰すと言うこともしていません。ただひたすら黙って前の方を向いてじーっとしているだけです。そのお店にはテレビもなく、音楽もかかっていないので、手持ち無沙汰にならないんだろうか?と思ってしまいます。

 

 

しかしこれを自分に置き換えると、夫婦2人で食事に来ているだけでも仲がいいと思います。私なんて絶対に一緒に行きたくありません。ましてや夫と2人きりなんてごめんです。

 

 

子供が一緒だとしても近くにいて夫の顔を見ているだけでご飯がまずく感じます。また稼ぎが少ない夫の食事の分を払うなんてまっぴらです。だから最近は全然外食に行っていません。行ったとしても私と子供だけで行きます。やつは勝手に自分の飲み会に行ったりして外食してるんだからいいんでしょう。

 

 

そんなわけでいくら一言も言葉をかわさなくても、2人で餃子を食べに来ていると言う時点でまだ夫婦仲は良いと言う結論になります。

 

 

それに40年以上も連れ添ってきたら話すことなどあるわけがないと思います。そして話したって面白くないし喧嘩になりそうですよね。会話をするなら女性同士が1番です。男性と話したって楽しくありませんから。

 

 

先日会社でお昼ご飯の時に既婚者の3人の女性と話していたら、そのうちの1人が「夫と同じお墓に入りたくない。」と言った途端、周りにいた2人も「私も」「私も」と即答していて驚きました。

 

 

その方々は、旦那さんは大手企業にお勤めで、給料面では不満がない兼業主婦です。その点がうちの家庭とは大きく違います。しかしそのような奥さんでさえ旦那さんと同じお墓に入りたくないんですね。

 

 

聞けば、旦那さんは子供が小さい時に協力してくれなかったり、旦那さんの実家が嫌いだったりで許せないところがあるそうです。だから旦那さんのお墓ではなく自分の実家のお墓に入りたい、と口々に言っていました。

 

 

そーゆー私も、もちろん夫のお墓になど入りたくありません。死後の世界でまであんな奴と一緒にいたら息苦しくなります。自由にさせてくれと思ってしまいます。